東京同居 許可局

主に日々の天気と食事を記録します。

4/9 東京 晴れ ざ、在勤とは

6時半ごろ起床。

朝ご飯は白麦ご飯、おかず、味噌汁。

f:id:rarahatabilly:20210410103520j:image
頂き物のアカさん沐浴用の湯船を洗ったりしてから9時前在宅勤務開始。


朝イチはミーティング。
然るべきポジションの方が設定したらしい年度方針が出回る。
書かれた言葉にその人が出るものだ、と思うと同時に、言いたいこと書きたいことだけ書けばそれらがきちんと伝わる、実行されるのか?というとそれはノーだな、とよくわかる文面。そしてその文面に対してこの書き方では伝わりませんよ、と提案できる環境/関係が整備されていないことにガッカリしてしまう。


人に伝わる、人を動かす、そのための言葉、文章をきちんと使えるようになりたい、と改めて思った。


ミーティング後突発案件対応の続き。
初めてメールを寄越した方の署名欄に見慣れない記載があった。


【在勤中のため、連絡はメールでお願いします。】


頭の中に?が浮かんだが、読み返して意図を想像するに、在宅勤務を在勤と表現しているようだった。
在学・在勤というように、学校や職場に在籍している、という辞書的な意味とは別に、縮約形として意味が増える/変わる、言葉の変化の現場を見た気がした。改めて新明解国語辞典を引いちゃった。
この使い方はこのご時世もはや一般的なものなんだろうか?
でもメール署名欄ならわざわざ在勤と言わなくても、在宅勤務と書けば良いではないか、と思ってしまう。


余計なことを考えてややくたびれる。


そんなことをしてあっという間にお昼。

f:id:rarahatabilly:20210410103721j:image
同居人が盛り付けてくれたキーマカレーと味玉、ブロッコリー、わかめスープで落ち着く。
気分転換に段ボールゴミをゴミ集積場へ運ぶ。


午後一番もミーティング。


15時店じまい。


同居人と近所のスーパーへ食材調達へ。


鰆の切り身、ヨーグルト、などいくつか仕入れる。


一旦帰宅し、自転車で別なスーパーへ。
期間限定で安くなっていた味噌を買う。


帰宅後入浴して晩ご飯。


オーブンで焼いた鶏モモ肉と野菜。
白ワインも飲む。うまい。

f:id:rarahatabilly:20210410103739j:image
ゲド戦記観て23時すぎ就寝。